今日も秩父

  娘が風邪をひいている。孫は熱が下がったがなんとなく体調が変みたいで愚図ばかり言っている。
  昨日は、外で草取りをした。涼しかったし条件が良かった。今日も草取りをしたいけどもう草がない。こぼれ種で生えた葵は残しておいた。散歩中に綺麗な葵を見つけたら種を取ってきて埋めておこうと思う。

kusatori.jpg

 「あか」 で辞書を引いたら
丹・彤・朱・淦・紅・絳・緋・赤・赩・赮・赭・赬・・・すべて「あか」の訓読みがある。

仲間はずれの 「あか」
・・・①あか。けがれ。汚くて黒い。②黒いさま

  この葵はどの色か調べた。カーディナルレッド 和名 深緋(こきひ)がいちばん近い。
http://www.maku-main.net/creating/color/ruby.html より
red.gif

kusatori2.jpg

  リリーちゃんは、我が家のブラックホリホックを見ると 
「葵の花が咲くと梅雨が始まって花が終わるのと一緒に梅雨が明けるんだよね。」 
という。寺の娘は人生の薀蓄が深いなあといつも感心する。

260831ブラックホリホック


  「お母さんといっしょ」 のビデオに耐えられる時間はせいぜい2~3時間。リミットを超えたので2階に避難してきた。傍らで娘と孫は寝ている。すぐにも帰りたいが今夜は泊まり。介護されるような状態になるまで解放されそうもない。
スポンサーサイト

今日も秩父へ

  相変わらず孫の熱が高い。娘は買い物に出かけた。孫は眠っている。私は、孫の傍らでパソコン三昧。

  昨日読んだ 「荒川新発見」 でも秩父地方を襲ったこの水害について触れていた。
  寛保二年(1742)関東各地に未曾有の災害をもたらした、大洪水の水位を示す史跡である。8月1日夜、荒川の水位は最高に達しこの付近一帯は、ことごとく水底に没したという。荒川洪水位磨崖標(まがいひょう)が長瀞町の長瀞第二小学校の裏にある。
 
000642161.jpg

  国道140 号線に面してこの看板が掲げられている。この場所は、秩父鉄道樋口駅北側で長瀞第二小学校のグランド南の隅にあたる。写真の「水」の位置は、長瀞第二小学校裏にあり、磨崖標の「水」の位置と同じ高さである。この「水」の位置は、国道140号線の道路面から3.5mの高さである。現在の荒川の河底からハンドレベルで測定したところ約22.1mであった。 

  秩父鉄道 「樋口駅」 電車上から撮影。

0622_長瀞第2小

  洪水の原因は、下流の狭い箇所に流木が溜まってダムのようになった。土石流が水を塞き止めた等諸説ある。なお流路も変化が見られる。

  下流地点で狭くなって居る箇所。

0622_長瀞第2小1


  秩父鉄道 「親鼻駅」 中高年の山歩きのグループが電車を降りて行った。武甲山から掘り出された石灰石の貨車。この貨車にも頻繁に遭遇する。武甲山が縮むことが犇犇と感じられる。

0622_石灰岩貨車

怒涛の4日間

  怒涛の4日間だった。

16日(金) 秩父の孫の病院受診に付き添いを頼まれた。午後秩父鉄道行田市駅に行った。券売機に千円札が入らない。駅員が出てきて踏切事故で電車が止まっているので機械が止まっている。代わりにバス輸送を用意したという。

バス乗り場へ行って
私 : 「バスは何時に来るの?」
係の人 : 「チャーターしたバスが羽生駅に向かっていますが出発駅の羽生駅へまだ到着していません。羽生駅を出ていないので全く分かりません。」

  病院の予約時間に間に合わなくては行く意味がない。タクシーがあったので行田市駅から熊谷駅へタクシーで行った。途中踏切に大型の消防車・パトカー・レッカー車が見えた。タクシー料金は、2440円。

運転手 : 「メチャメチャの車が見えたかい?」
私 : 「車は見えなかったけどたいへんな様子だったね。」

熊谷駅で予定の電車に乗れた。写真は、秩父鉄道から見た荒川の土手。

dote.jpg


17日(土) 午前中、帰宅。午後は孫の学校の夏祭り。娘が役員で面倒を見ることができないので私が付き添った。焼きそばを食べたりチューチューアイスを食べたり。

maturi.jpg


18日(日) 漢字検定 大宮の会場。手前を左右に走る道路は、中山道。
  左へ行くと 3. 浦和宿  2. 蕨宿 1. 板橋宿 を経て 日本橋へ至る。
当地は 4.大宮宿・・・地名の由来となった武蔵一の宮大宮氷川神社にほど近い立地。
右に行くと 5.上尾宿に至る。

bil.jpg


19日(月) 書斎の建物を壊すので荷物の引っ越し。セカンドパソコンを運んだ。セカンドパソコンからブログを書いている。

syosai.jpg

20日(火) メインパソコンを運ぶ予定。

福島尚氏の鉄道画&埼玉県美術展覧会

熊谷・八木橋百貨店で福島尚さんの鉄道展示会 サイン会も /埼玉 6月1日から6月6日まで
2016年初の作品集「線路は続くよ(二見書房)」を出版。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170531-00000014-minkei-l11.view-000

  絵は写真と見紛うばかりに精密に描いている。質も量も素晴らしかった。「線路は続くよ(二見書房)」 作品集も購入した。

hukusimasi1.jpg


  埼玉県の美術展覧会が開かれている。毎年知り合いが出品している。見に行って鰻屋に寄る予定。

saitamakentenjpg.jpg

遠足の付き添い 秩父羊山公園

  孫の遠足に付き添った。シーズンには、寄り付けないほど込み合うというけれど芝桜の花が終わって丘を散策する人は少なかった。

hitujiyama1.jpg

  と思っていたら続々と幼稚園・保育園の遠足の群れがやってきた。羊山公園の由来である羊の放牧場の周りはごった返していた。

hitujiyama2.jpg

  草原の上で保育園のリクレーションがあった。周りにぐるりと桜の木があってシーズンはさぞかし賑わうのでしょう。青空に白雲。 「游雲驚竜」 の四字熟語が浮かんだ。 ※ 「游雲驚竜」 空に流れゆく雲と空翔ける竜。能書(優れた筆跡)の形容。

hitujiyama3.jpg
プロフィール

猫姐(ねこねえ)

Author:猫姐(ねこねえ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
猫姐カウンター
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる