「さきたま風土記の丘」 歴史散歩

  今朝のニュースで 「千鳥が淵の桜が今日が一番見ごろ」 と言っていたので 「さきたま風土記の丘」 に花見に行った。なお写真をクリックすると大きくなって文字が読み易くなります。
  
  公園内に古刹 天祥寺(てんしょうじ)がある。普段は西側の門は閉じているのだが今日開いていたので殿様の墓の写真を取らせていただいた。詳しくは こちら行田市教育委員会 の ホームページにて。

tonosamahaka.jpg

  日本最大の円墳として知られる 丸墓山(まるはかやま)古墳手前の道は少し高くなっている。石田光成が忍城の水攻めのために築いた石田堤である。

isidadutumi.jpg

  石田堤の傍らには、新しいピカピカの説明板が設置されていた。

isidadutumi2.jpg


  丸墓山(まるはかやま)古墳の山頂にも、新しいピカピカの説明板が設置されていた。
santyo.jpg


  丸墓山(まるはかやま)古墳に登って降りて 稲荷山(いなりやま)古墳に登ろうとしたら工事中だった。工事の説明はメモリーカードがいっぱいで撮れなかったが国の機関がどうとか難しいことが書いてあった。

  稲荷山古墳に登れなかったので旧忍川沿いのサイクリングロードをちょっと散歩。なお旧忍川については ウィキペディアフリー百科事典 に説明が見られる。

kyuosikawa.jpg

  江戸時代 享保(きょうほ)徳川吉宗の時代、見沼代用水の工事と一緒に舟運のための開削を行ったのが旧忍川である。忍藩内の船着場は 下町(しもまち)にあった。私の先祖が作った米が下町で船に乗せられ 旧忍川・見沼代用水・芝川・隅田川を経由、神田や日本橋の船着場に着いて江戸の人々の食料になった。

  なお、下記の資料を参考にさせていただきました。深謝いたします。
http://www.geocities.jp/fukadasoft/renga/somadono/osikawa/index2.html
http://members3.jcom.home.ne.jp/alp/historyfune/hisfune.html
スポンサーサイト

キーボードって面白い

  パソコンから音を出してそれにあわせて歌ったりメロディーを弾いたりできる。いちばん良いのはミスタッチを弾き直せないこと。ミスタッチがあったらちょっと先でメロディーが来るのを待って弾く。カラオケとキーボードのキーが同じなので違和感がない。

kiboad1.jpg

  カラオケは繰り返し演奏にしておいてメロディーを弾く、歌うを交互にやると疲れなくて良い。歌のこぶしがないというのは以前から言われているので気にしていないが誰も聴いていないときは自己流のこぶしだか与太っているのか分からないけど適当に唸るのもできる。

  小学校の音楽の先生がこぶしをつけて歌ってるのは不味かろう。人に聴かせる時はこぶしがないようにセットされてしまう。誰も居なければけっこう唸ってる。夫が帰ってきた。こぶしのない歌い方に自動的になるよ。

  まさかパソコンを使って歌の練習や楽器の練習をするとは思わなかった。時代だねぇ~。
プロフィール

猫姐(ねこねえ)

Author:猫姐(ねこねえ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
猫姐カウンター
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる