「越後水原(えちごすいばら)」 歌詞は時代を映す鏡

  歌謡教室 とても楽しい。

  前々回は先生が歌詞の説明で 「物好きな人だよね。こんな女性を好きになるなんてね。」 と言ったのでメモっていたら 「そんなことまでメモらなくて良いから。」 と言われたのがドツボに嵌まって笑いが止まらなくなった。そうしたら笑いが伝染してみんなも大笑い。真面目に勉強する雰囲気をだいぶ壊してしまった。反省した。

  「前回は、ご迷惑をかけて申し訳ありません。今日は、真面目に勉強しようと堅く決心してきました。」 と謝ったら更に笑われた。

  演歌の歌詞は際どいので説明もなかなか際どい。先生は女性なので名誉のために言うけど決して卑猥な言葉を言うわけではない。男女の交際についての説明では、なんとも言いようのない微妙な表現が面白い。

  次の新曲 「越後水原(えちごすいばら)」 では 「悲しい別れを二人で決めて」 の部分から自分の選んだ道を進むために女性が恋を諦めるストーリーだそうである。歌詞は、時代を映す鏡なのだという。

  「つぐない」 「愛人」 の歌詞は、過去の女性の生き方で 今は資格を取って自立して生きる女性というのが時代に合っている。一時の恋愛よりも自分の信じる道に進もうとする強い女性像が見えてくる、と説明された。
  なるほどと感心しきりである。

etigosuibara.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

猫姐(ねこねえ)

Author:猫姐(ねこねえ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
猫姐カウンター
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる