鍵の交換

  一昨日、書斎のドアの鍵が壊れた。昨日ホームセンターに買いに行った。

  店員さんが勧めてくれたのは、穴をあけて螺子を止めるタイプ。
「女性の力でアルミドアに穴が開くでしょうか?」 
「無理かもしれませんね。」 

「それじゃ~先ほどあっちのコーナーで見たんですけど鍵の新品を買ってそっくり交換できますか。サイズは規格化されているんですか?」

「今使っているのを外して持って来れば同じサイズで交換できるのが買えます。」
「普通のドライバーで外せますか?」
「大丈夫ですよ。」

ということで壊れた鍵を外した。普通のプラスのドライバーで簡単に外せた。外して店に持っていこうとしたときに閃いた。「同じドアがあって鍵を使っていない。それを使えばいいんじゃね。」

  交換予定の鍵穴にKURE5-56を注いで鍵を外した。ドライバーを使って取り付けに悪戦苦闘していたら連れ合いが
「素人じゃ無理だと思うよ。建具屋じゃないと。」
「ホームセンターの兄ちゃんは素人でもつけられると言ったよ。パソコンの自作に比べりゃこんなの簡単だよ。」

  50年近く一緒に暮らしているのにまだ私の執念深い性格を理解しないのかとちょっとがっかり。今日うまく行かなくても3日は粘る。パソコンはそうして来た。動かない原因を探して電源・メモリ・CPUと順にパーツを取り替えて故障個所を探す。いよいよダメで捨てるまでには大抵3日は粘った。連れ合いはそういうのは見ていないけど日常生活の端々でその一端は見ている筈なのに。

  そんな会話をしながら
「ちょっと螺子を締めて。」 
と締めて貰ったら一生懸命に締めている。
「ちょっと、ちょっと 最後まで締めちゃダメなんだよ。上下に動くように緩く固定するように締めて鍵穴に鍵の棒が入る位置を探す。位置が決まってから締めるのさ。」

  出来上がったが上下逆につけてしまってまた最初からやり直し。1時間以上の大格闘の末、鍵交換完了。KURE5-56をたっぷり注したので動きも軽くなった。

スポンサーサイト
プロフィール

猫姐(ねこねえ)

Author:猫姐(ねこねえ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
猫姐カウンター
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる