歌の発表会

  歌謡教室の発表会がある。昨日の午後は、ステージに登場して歌って席に戻るまでを練習した。私は一番である。欠席の時に歌う順番を決められた。前に 
「早いほうが良いよね。他の人のを聴いているとどんどんドキドキしてきちゃうから。」
と話したことがあるので一番にしてくれた。「劈頭の婆」 ムードメーカーとして楽しそうに歌うつもり。

  ニコニコと楽しそうに歌っているから度胸があると思われるかもしれない。でも全然そうじゃなくてドキドキで時々頭の中から歌詞が飛んでしまう。一応 歌詞はすべて覚えて暗譜しているけど歌詞の境目で頭の中が真っ白になって次の歌詞が出てこない。楽譜の紙は持っていて良いので安心だ。


1、私・・・楽しそうに歌っていると言われる。サービス精神の賜で頑張っている。

2~5・・・皆 個性を生かした選曲をしている。

江の島絶唱1


6、最後、紫ちゃん・・・昨日は、一人だけ楽譜を全く見ないで完全暗譜で歌い上げた。『流石 トリ』 と熱心さに感心した。


  最後に先生が歌うが昨日は時間切れで先生の番まで回らなかった。
  歌謡曲と言っても小節を回したり呻ったりというのは殆どない。ずり上がって歌うようなこともなくコーラスと同じ発声で教えられる。先生は、
「小節は1曲中精々1・2か所に入れるくらいで良い。あまり小節を聴かせるのも聴きやすいものではない。」
と指導するので大抵コーラスグループみたいな感じで歌っている。一人ずつ歌うので音程やリズムにうるさくないのが良い。

  私の曲は、12ビートなので演歌っぽく伴奏に遅れ気味に丁寧に歌っていたら 「もっと巻いてリズミカルに。」 と指導されてなんだか 「木綿のハンカチーフ」 みたいなポップな歌い方になってしまった。それも良いかな、と撥ねるような調子で歌っている。youtubeの歌手は丁寧に演歌らしく歌っている。それを聴くと演歌っぽくなるのでこの頃は聴かない。先生が それぞれの個性が引き立つように指導しているところが面白い。


トリ : 語源は「取り」で、最後の演者がギャラをまとめて受け取り、出演する芸人達に分配することから生まれた言葉である。 現在では、ギャラの受け取りに関係なく、最後の演者をいい、寄席以外でも用いられている。
スポンサーサイト

昔のゲーム・・・頭脳活性漢字ドリル

  片づけをしていたら昔100円ショップで買ったまま忘れていた漢字ゲームが出てきた。どんな難易度かなとインストールしてやってみた。

頭脳活性漢字


  難読漢字が 読めなかったら猫姐模試の問題に使おうかな、とやってみた。
全問正解。猫姐模試には使えないけど気分転換に良い。全問正解というのがちょっとした達成感を運んできてくれて癒し効果がある。

頭脳活性漢字1

頭脳活性漢字2
プロフィール

猫姐(ねこねえ)

Author:猫姐(ねこねえ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
猫姐カウンター
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる