FC2ブログ

syuusyuu模試  29-2向け その3

  syuusyuu模試56回 29-2向け第3回 アップしました。
http://yahoo.jp/box/DHRQ-E

170816_syuusyuu模試

  早速やってみました。続きは下記 『続きを読む』 からどうぞ。解答をアップしたのでやっていない方はご注意ください。 

続きを読む»

命日

  今日は、夫の義父の命日である。満州の牡丹江省(ぼたんこうしょう)で戦死している。戦死時の状況は全く分からない。姑は日々を生きるのに精いっぱいで戦友を訪ねて戦死の状況を知るなんて不可能だった。

170814位牌


  姑は、お盆の季節になると 「もう2、3日早く戦争が終わっていたら〇〇の父さんは死ななくて済んだかもしれないねえ~。」 といった。〇〇は夫の弟である。

  姑は、結婚して夫を妊娠すると間もなく夫の父が結核になってしまった。若い女性はうつるからと遠ざけられたという。夫の死後、独身だった夫の父の弟と結婚して弟が産まれた。夫から見れば義父にあたる。姑は、

  「夫の父親は結婚したと思うと間もなく発病して夫婦喧嘩をするほど打ち解けないうちに逝ってしまった。〇〇の父さんも子どもが産まれる前に出征した。二人とも若かった。年を取っていたらこういう風になったのかねえ。」

と夫の顔を見た。戦争は残酷である。夫であり父親である男性を取り上げて返してくれなかった。

  
  昨日は、夫の弟の息子夫婦、夫から見ると甥が仏詣りに来た。位牌をひっくり返したりして思い出話をした、と言いたいが全く思い出がなく残されているものは数枚の写真とこの位牌だけである。

syuusyuu模試  29-2向け その2

  お盆だから少しは片づけや掃除に取り掛かろうかと思ったけど思っただけ。逑が掃除しています。
  「syuusyuu模試 29-2向けその2」 を作成。syuusyuu氏に 「イラストが良い」 と褒められたので今日は腕に縒りをかけて探しました。もっとかっこいいのもたくさんあったけど模試での最優先は 「分かり易さ」。皆さんも 「壎篪」 「壎」 「篪」 で探してみてください。大人の宝探しです。

  syuusyuu模試55回 29-2向け第2回です。
http://yahoo.jp/box/DHRQ-E

170813syuusyuu模試

  続きは下記 『続きを読む』 からどうぞ。解答をアップしたのでやっていない方はご注意ください。
 

続きを読む»

畳屋さんの仕事?

  どこも痛くも痒くもないけど凄く疲れている。

  原因は、昨日トランポリン修理をしたから。私が小さいころは、畳屋さんが出張してきて庭先で畳表を裏返して縫ったり、新しい畳表に張り替えて手縫いで縫止めていた。それに近い作業だった。

120812トランポリン1

120812トランポリン2

  「トランポリンのゴムが取れたから付けに来て。」
と頼まれたので針セットを持って行って付けた。ゴム部分がピーンと張っていてそのままでは作業は無理だったが、ねじを外して折りたたんだら弛みが出来て縫えた。太い木綿針と木綿糸とパッチワーク用の指貫で一応作業は出来たがゴム2枚分と上下の布4枚を通すのにすごく力が要る。一つやっては15分休み 二つやっては30分休みで漸くゴムを取り付けた。途中産直の葡萄を買いに行ったりしていたけど一日がかりだった。  

  4個全部つけて広げてみたら他にも2か所取れていた。流石にギブアップ。新品を買うことにした。「骨折り損の草臥れ儲け」 だった。ア~ア。

猫姐模試23回アップ

  猫姐模試23回をアップしました。今回は特にテーマはありません。ここで一区切りして暫く歴史小説を読むことにします。次回は、時期が来て気が向いたら作ります。
  お付き合いいただいてありがとうございました。

  23回  http://yahoo.jp/box/AQFkMI

壇ノ浦 入水の場面
170810安徳天皇

syuusyuu模試 29-2に向けて 取組中

  syuusyuu氏が 29-2向け模擬試験問題を作製 アップしてくださった。
  spaceplusKK氏の解答をアップしてsyuusyuu氏のをしないんでは片手落ち。やってみましょう。

syuusyuu模試54回 29-2向け第1回 問題を作ってアップしました。
http://yahoo.jp/box/DHRQ-E

170809しゅうしゅう模試

  続きは下記 『続きを読む』 からどうぞ。解答をアップしたのでやっていない方はご注意ください。

続きを読む»

創作童話 「いろはがっぱ」

  今日の埼玉新聞 「いろはがっぱ」 

  志木市(しきし)新河岸川(しんがしがわ)に架かる橋 『いろは橋』 からのイメージで作られた創作童話である。
  庶民の識字率は、江戸時代初期は50% 幕末は80%と伝えられている。農村でも百姓の子どもたちが寺子屋で教育を受けていたというので男子に限れば100%に近かったと思われる。
  河岸で荷を積んだり降ろしたりの事務で文字の必要性・重要性が理解され人々が読み書き算盤に進んで取り組んだ。そんな時代を彷彿とさせる話である。

170808いろはがっぱ


  なお 「いろは橋」 は、志木市とさいたま市を結ぶ主要県道にかかるコンクリート製の立派な橋で伝説のイメージからは程遠い。命名の由来は、江戸時代に野火止用水の水を対岸へ通すために木製の48本の樋を川に掛け渡したこと、と埼玉県のホームページにある。


  「新河岸川」 は、川越と江戸との舟運のために江戸時代初期に整備された運河で多くの物資を運んだ。地図では川越から隅田川の境目までが 「新河岸川」 となっている。現在 水は、隅田川を通って東京湾に注いでいる。

170808新河岸川1

模擬試験倉庫35回 結果 竜頭蛇尾

  (一)(二) 絶好調でした。(九)ウーンと唸るばかり。
結果159点。spaceplusKK様の狙ったレベルピッタリだと思います。釣られた魚みたいな心境です。

  出題ありがとうございました。楽しくできました。
続きは下記 『続きを読む』 からどうぞ。解答をアップしたのでやっていない方はご注意ください。

続きを読む»

猫姐模試22回アップ

  猫姐模試22回をアップしました。テーマは 『のぼうの城』 です。

猫姐模試22


  やや慣れてスムースに作れるようになりました。
  人間の歴史は、苦難の歴史だったので 苦しいとか辛いとか悲しい等に類する漢字が多く見られます。今回は、全体的にちょっと暗い雰囲気の漢字が多くなってしまいました。次回は、楽しい漢字・明るい話題を取り上げるよう努めます。

  22回  http://yahoo.jp/box/AQFkMI

猫の世話

  娘一家が不在中 猫の世話を頼まれた。
  餌の皿を見たら餌が一粒もなくて舐めたように綺麗になっていた。私の足元を先を争って餌の皿に向かって走って行ったので餌をくれる人が来た、と認識したようである。餌を入れてあげたらがつがつと食べた。

170803猫


  私が子供のころ飼っていた猫は鼠を捕って食べたり蛇を取って来たりしていた。猫が鼠や蛇を甚振るのは猫の狩りの本能である。私が子供のころ飼っていた猫だったら暫く家人が居なくても飢え死にするようなことはなかった。

  ところがこの2匹、家の中から外に出したことがない。キャットフードしか食べたことがない。多分、鼠や蛇を食べ物と認識できないと思う。猫も 『親の背を見て育つ』 

  「また夕方来るからそれまで待っててね。」 よく言い聞かせて帰宅した。
プロフィール

猫姐(ねこねえ)

Author:猫姐(ねこねえ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
猫姐カウンター
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる