父ちゃん、ごめん

  仏詣りに行こうと支度をしていたら 娘から電話 「お昼を食べに行こうよ。」 

  娘一家との外食になって仏詣りは中止、明日か明後日に変更になった。父ががっかりしているかな。父は、苦労の人生だった。叔母は、「兄貴はこれでよかったんだよ。人生花の盛りで逝って。子どもを全員育て上げて。」 と涙を拭っていた。私は、長女が生まれたばかり、下の妹は就職していた。末の妹が大学4年生で就職が決まっていた。

  父の死は、交通事故で突然だったが事故処理の警察官が妹婿を世話をしてくれた。もし、父が生きていたら難癖つけて妹の縁談をつぶしていたかもしれない。

  食事のあと、仏詣りは止めて 「行田古代蓮の里」 の直売所によって野菜を買った。それから蓮の写真を撮った。写真を撮りながら 「父ちゃん、ごめん。」 と心の中で合掌。古代蓮は、終わって見られなかったが 世界の蓮の品種の中には遅咲きで綺麗に咲いているものが見られる。

kanren_1.jpg

kanren_2.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

猫姐(ねこねえ)

Author:猫姐(ねこねえ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
猫姐カウンター
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる