「一路」 娯楽と頭痛を運んできた

  始まりは、図書館で何気なく手に取った 「浅田次郎と歩く中山道」 という本だった。中身は宿場の写真が多く活字は少なかった。宿場町の写真を見るのが好きなので借りて来た。

itiro_1.jpg

  中にイラストで 「一路」 の登場人物と馬の紹介があった。この紹介のイラストと文がお洒落で粋なこと。殿様の名前が良い。「蒔坂 左京大夫(まいさか さきょうのだいぶ)」 『蒔く』 は漢検1級で見たねぇ と旧友に出会ったような気持になった。「中山道」を返却して 「一路 上巻・下巻」 を借りて来た。

itiro_2.jpg


  私がケラケラ笑いながら読んでいたら孫が
「おばあちゃん、何しているの?」
「この本が 面白いんだよ。」


  奇想天外なストーリー、しかも1級漢字満載である。この辺は1級の長文に使えるねぇ、と思いながら午後から夜までかけて1日で読んだ。結果 目の疲れと老化した脳に無理やり刺激を与えたので今日は薄々頭が痛い。次からは、どんな面白そうな本であろうと、いや面白そうなら尚のこと1冊だけ借りてくることにしよう。

  1級模試問題の長文に使えそうな個所。パッと開けたどのページにもけっこう難しい漢字がある。パッと開けた 165ページで目を惹いた漢字。答えは一番下。

1 耄碌
2 徒武者
3 腕
4 瞭か
5 醸す
6 眩い
7 猩々緋
8 佩く

  振り仮名がついている漢字を選んだ。ただ漢字を趣味として覚えるだけでは味気ない。それを使った娯楽も享受したい。難しいことは扨置き、面白かった。エッチな場面はないけどお子さんに薦めた際に 「パパ、飯盛女って何?」 って訊かれて答えに詰まるような方は薦めないほうがいいでしょう。

1 もうろく
2 かちむしゃ
3 かいな
4 あきら
5 かも
6 まばゆ
7 しょうじょうひ
8 は 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

猫姐(ねこねえ)

Author:猫姐(ねこねえ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
猫姐カウンター
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる