ご長寿100歳

  昨日 姑の100歳を祝って内閣総理大臣からの祝状と銀杯を市役所の職員が届けてくれた。誕生日に市長からも金一封と記念品が来るという。

  今日はこれから祝状と銀杯を持って姑に見せに言って来る。何というかな?

tyouju1.jpg

  祝状と銀杯を見せた。
  姑は、自分に贈られたものだと理解はしたが淡々とした感じでそれほど嬉しそうではなかった。食事はゼリー食、外に出ないので着るものも不要。よく見えないしよく聞こえないから何か見たり聞いたりする欲望もなさそうに見える。かと言って息子や周囲に愚痴を云う訳でもなく何事も運命に委ねているのか?100歳の幸せは想像もできない。

  会話は殆ど筆談である。文字が良く見えないみたいで斜めから目を細めて字を読んでいる。

  「親戚に集まってもらって祝いましょうか?」 
と書いて質問したが返事はなかった。親戚に対してちゃんと会話が出来そうもなく 義理堅く交際してきた姑には負担かもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

猫姐(ねこねえ)

Author:猫姐(ねこねえ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
猫姐カウンター
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる