私が転けたら皆転ける

  昨日は、病院の定期健診だった。結果は良好、特に変化なし。

  去年の今ごろは人生最大の修羅場だった。
  姑が脳溢血で倒れて意識不明が10日以上続いた。99歳という高齢なので葬式を出すことになると思って夫と二人 必死で大掃除した。ピカピカにしてこれでいつ不幸があっても大丈夫というレベルになった。美容院に行って髪を整え喪服の予約をした。

  10日目ごろに医者に呼ばれていくつかの脳のレントゲン写真を見せられ 
  「最初はこの部分に脳の出血があったが昨日の写真では脳の出血は吸収されてなくなっている。目を覚まさない理由は分からないが家族が 『起きなよ、起きなよ。』 と呼びかければ意識を取り戻すかもしれない。」

  とのことだった。それまでは意識不明ということもあって午後数分様子を見に行くだけだった。夫の弟にも連絡して 「できるだけ来て起こしてほしい。」 と頼んだ。朝・昼・夕方と1日に3回顔を出して 「起きてください。」 と揺すった。そのうちに混濁していた意識が戻って少しずつしっかりした表情が戻ってきた。食事時に行ったら介護の職員がゼリー食を食べさせていた。最初はかなり噎せていた。介護の人は噎せると食事を止めて片付けていた。一度も誤嚥性肺炎を起こすこともなく少しづつ食事の量が増えて、リハビリを進めて車椅子に乗ってはいたけれど足を挙げられるようになった。ある程度回復したのでホームに戻って現在もそれなりに健やかに暮らしている。

  娘は、ぎっくり腰で唯一食事を口に運ぶのができる程度だった。孫を車に乗せるのも 風呂に入れるのもオムツの取り換えも私がやっていた。

  期間中 私の病院の検診で午前中だけ地区の保育園に預けた。8時半から12時半ごろまでカーテンの陰に隠れて飲まず食わずで泣いていたという。子どもを親から離すと脱水症状で最悪 命の危険があるという。今だったら自分の検診を1カ月ほど後にしてもらったと思うが孫の様子がそこまで深刻になるとは思わなかった。

  漢検は申し込んであったが行かないと決めて毎日掃除と孫の世話をしていた。姑が食事をとるようになり娘も孫の世話ができるまでに回復したので直前3日ばかりの準備で受検した。合格が今までで一番嬉しかった。

  私が転けたら皆転ける。
という状況は、1年前とたいして変わっていない。姑は、ホームでそれなりに暮らしているし 娘は孫の子育てでかなり消耗している。
  漢検会場に行ければ 御の字 である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

猫姐(ねこねえ)

Author:猫姐(ねこねえ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
猫姐カウンター
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる