老いの話

  天皇陛下は 2016年11月現在82歳だそうである。満2歳で両親の元を離れて傅育官に育てられたという。それだけでも薄倖の人という感じがしてしまう。

  そして今年7月生前退位の意思をテレビで発表された。
「戦後70年という大きな節目を過ぎ・・・・・ここに私の気持ちをお話しいたしました。国民の理解を得られることを、切に願っています。」

  テレビで読み上げるのを聞いて全く尤だと思う。天皇陛下が自分の気持ちをこれほど率直に国民に訴えているのに、その実現がいつになるのか議論は遅々として進んでいないように見える。憲法改正がどうとか国民投票が必要とか法律の問題とも重なって全く先が読めない。

  声をふり絞って 「辞めたい。」 と言っているのに 「みんなで相談するから待ってて。」 天皇陛下のお気持ちを考えると本当に何と言っていいかわからない。

  夫は現在76歳。元気ではあるが健康面にいろいろ問題が出てきている。現在 楽しんで取り組んでいる社会活動が負担になってきている。次回の更新で辞めたいと申し出て受け入れられると思う。普通の人は自分の意思が受け入れられる。

  秦の始皇帝が不老長寿を望んだという。無理難題を押し付けられた部下は、「辰砂(しんしゃ)」 を不老長寿の薬と飲ませた。「辰砂(しんしゃ)」 すなわち水銀などを原料とした丸薬であり、それを飲んだ始皇帝は猛毒によって死亡したとされる。欲をかくと碌なことはないというお話。

  安らかな老後を過ごすのは易しいようで易しくない。姑や母を見てるとなかなかたいへんだ。綺麗ごとを言っていられない現実がある。それでも野越え山越生きていかなくちゃならない。姑は今日も元気でゼリー食を食べている。誤嚥性肺炎になりにくい体質みたい。いろんな人生があるね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

猫姐(ねこねえ)

Author:猫姐(ねこねえ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
猫姐カウンター
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる