100才の健康診断

<高額医療>外来負担上限2倍に 70歳以上の一般所得者
今日のネットニュースで上記の見出しが目についた。「ない袖は振れない」 からやむを得ないと思う。


  昨日、姑のホームから手紙が来て 健康診断について
その1 : 軽くざっとする。
その2 : 丁寧に全身を検査する。

の調査のどちらかを選んで返送するようにと書いてあった。
私 「検査の希望なし、というのはないの?」
夫 「二つしか選択肢はないよ。」
私 「今夜 息を引き取るかもしれないのだから検査の必要はないと思うけどとりあえず 『その1』 に丸を付けて返送したらどう?」 

  夫は何事も慎重な人なので 「本人の希望もあるだろうから。」 とホームに出かけて姑の意思を確認した。

  結果 本人は 『その2 : 丁寧に全身を検査する。』 を望んだ。心気症で 「ここが痛い。〇〇癌に違いない。」 と病院に連れていくまでしつこく言っていただけのことはある。性格というのは変わらないんだと納得した。検査の日まで生きていられればいいなと思う。

  検査料金について、国保と自己負担の割合を調べようとしたがはっきりと分からなかった。たぶん1割負担だと思う。

  私自身 年齢による老化現象や持病があるが不要な検査はしたくない。自己負担も相当かかるが国保からの負担額も大きい。先日の検査では血液検査をしたがかなりかかる。毎回していたらたいへんな金額になる。必要を感じなければ3年に1回くらいと決めている。

  姑のホームは、健康診断について関係者に分かるように説明して選択の自由があるところから良心的だと感じる。姑に願うことは、順縁。姑・夫・私と年の順に逝きたい。本音は、姑・私・夫だけどこればかりは望んでもどうなるかは分からない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

猫姐(ねこねえ)

Author:猫姐(ねこねえ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
猫姐カウンター
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる