ウドンゲの花

syuusyuu模試14回を作成中、下記問題が出て来ました。 
(九)2.ウドンゲの花 待ちたる心地
「どんな花なのかな?」とネットで探して吃驚。

  『優曇華の花』 ⇒インドで 三千年に一度花をつける想像上の吉兆の花。日本では、クサカゲロウの卵を言うそうです。「盲亀の浮木、優曇華の花」 優曇華の花と続けるのは知らなかったです。一つ物知りになりました。

syuusyuu模試 公開中
http://yahoo.jp/box/DHRQ-E
2月8日現在15回分までです。

udonge.jpg


  なお ヤフー知恵袋 に記事がありました。面白かったので全文を紹介します。

ヤフー知恵袋質問
「盲亀の浮木、優曇華の花待ちたること久し、此処で逢うたが百年目!」ってどういう意味ですか?

ヤフー知恵袋解答
『盲亀の浮木』 ⇒百年に一度だけ海面に浮いてくる亀が、海面に浮いている木に出会い、その木に空いている穴に入るのは非常に難しく珍しいことである。
『優曇華の花』 ⇒三千年に一度花をつける想像上の吉兆の花。
よって、○のなかに入る数字は、上から「百」「三千」「百」です。
『盲亀の浮木、優曇華の花待ちたること久し、此処で逢うたが百年目!』 全体の意味は、前記した非常に珍しいことに出会うような幸運に恵まれた絶好の機会であるという意味です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

全ダウンロード完了!!

早速DLさせていただきました。
チャレンジしながら、細かいところも学習しますので、当分楽しめそうです。

残りの分はゆっくりで大丈夫ですよ(笑)

「盲亀の浮木、優曇華の花」
僕も続くのは知らなかったです。

ちょっと調べると周辺知識の勉強になったり、バラバラに覚えていたものが実は関連しているのに気付いたり、勉強は面白いですね。

若い時にもっと先生の言う事を聞いて、勉学に励めばよかったと痛感します。

猫姐さんは厳しい先生だったのかな~(笑)

楽しい先生だったです。

赤ちゃんとか幼児の子持ちの女教師だったので1・2年生ばかりの担任でした。優しく楽しい先生だったです。

漢字の指導はやかましかったです。「指導は厳しく丁寧に、採点は甘く。」 と当時の学年主任が教えてくれました。たいてい細かい形を書き分けられない子供がいたのでもちろんそうしてきました。

今 漢検の受検で隣の席の人を観察すると鉛筆の持ち方が変なのが気になります。正しい鉛筆の持ち方をしている人はほとんどいません。孫たちも変な持ち方です。小学校の先生は気にしていない人が多いかもしれません。

数日 空けてまたアップします。私も毎日少しずつゆっくり丁寧にやっています。ではまたよろしくお願いいたします。

鉛筆とお箸

恥ずかしながら、鉛筆とお箸は変だと思います(汗)

今度鉛筆の持ち方教えてもらっていいですか?(笑)

一応普通の躾はされたと思うのですが、三人男兄弟の末っ子なので、ほったらかしにされつつも甘やかされたのだと今になって感じています。

箸・鉛筆の持ち方

検索するとたくさんのページが見つかります。先ずはそれで研究してみてください。先ほど見たら鉛筆を作っている会社がアップしているのが分かりやすかったです。

それでどうしても駄目だったら手を取って教えてあげましょう・・・というのはちょっと無理かな。みんなが妬いちゃうからね。鉛筆 持ってお互い頑張りましょう。

なお、私は三姉妹の長女です。今は、妹のほうが余程しっかりしていて私の世話をしてくれます。

初投稿です!

「盲亀の浮木、優曇華の花」は昨年度の27-3に、準1級の故事・諺で出題されましたよ。

はやぶさ413號様へ

準1級で出題されていたんですね。準1級・1級がセットになっている過去問を持っていて受検はしないけど一通り準1級もやっているのに。ちょっとうっかり屋さんでした。もっと真剣に準1級のおさらいをするべきですね。

カキコありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
プロフィール

猫姐(ねこねえ)

Author:猫姐(ねこねえ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
猫姐カウンター
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる