行く川の流れは

  行く川のながれは絶えずして、しかももとの水にあらず
  
  鴨長明(かもの ちょうめい)による鎌倉時代の随筆 “方丈記”  この冒頭の部分が好きだ。ついさっき秩父鉄道親鼻橋梁を渡ったばかり。親鼻橋梁から眺める荒川は、古今東西で一番美しい風景だと私は思う。

荒川江戸川

  
  「舟を編む・三浦しをん著」 の主人公・馬締光也が 「エスカレーターに乗る人の群れを見るのが楽しい。」 と言う。私は 「川の名前を調べる地図」 を見るのが楽しい。大河に沿って自転車で走る人のブログを読むのが楽しい。

川の名前を調べる地図
http://river.longseller.org/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

楽しい

川のお話、楽しく読ませてもらってます。
鴨長明の方丈は京都・下鴨神社に復元されたものがありますけど、とっても小さな庵なんですねええ・・・「方丈記」は長明が世に受け入れられなかった不平・不満、鬱屈した思いを書いたんだというのを何かで読んだ記憶がありますけど、そういう視
点でまた読んでみると面白いかもしれませんね。ところで、「大河に沿って自転車で走る人のブログを読むのが楽しい」ってもしかして私のことですかあ(笑)・・・手賀川も手賀沼も“大河”ではないから、私の事ではないとは思いますけど(笑)

もちろん含まれてますとも

コメントを読ませていただいて 手賀川は、坂東太郎・坂東次郎の次の大河と礑と気が付きました。

「鳥仙人のブログを読むのが楽しい」 と感じていましたが 「手賀川に沿って・・・」 に自動的に訂正になってしまいました。

方丈記について教えてくださってありがとうございます。図書館で関連の本を借りることにします。この頃、高校時代に戻ったような気持ちで本を読んでいます。けっこう私も純情だなって思ってます。

「手賀川」を検索したら印西市で利根川と合流するんですね。娘が印西市に単身赴任していたので成田線で通いました。また娘の運転でその辺を放浪しました。懐かしいです。カキコありがとうございました。 
プロフィール

猫姐(ねこねえ)

Author:猫姐(ねこねえ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
猫姐カウンター
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる