猫姐硬筆講座 第7回 アップ

http://yahoo.jp/box/9szupx
猫姐硬筆講座 第7回 アップ

   「漢字の字形を整える」 2回目、 「部首の形 曲がり」 です。 「しきがまえ・ほこがまえ」 同様 十分引っ張って真上に撥ねます。

  「曲がり」 のパーツがある部首は、
おつ・ひとあし・つくえ・ひ・ふしづくり・だいのまげあし・おのれ・すでのつくり・ならびひ・け・・・かわら・おいかんむり・いろ・みる・おおざと・ちょう・おに・しか・あさ・べんあし・・・りゅう・かめ ~~~ 漢検漢字辞典第一版表紙裏より ~~~ なんと 22個もありました。1個 「かわら」 を見逸っていました。spaceplusKK様、ご指摘ありがとうございました。「かわら」 を除いた21個もの部首中から字形のサンプルになる物を選ぶのはたいへんでした。

  重点は、下記 「也」 のように一字の場合、右下に大らかに引っぱるほうがバランスが良いですが 「馳」 のように 「つくり」 として使う場合は、縦線よりちょっと出ていればOKというところです。

也馳

  「心・こころ」 ・・・ 縦に垂直に引いてから曲がらなかったので仲間に入れなかったのですが最後の書き方は同じです。ちょっと上にしゃくりあげて止めた後、真上に撥ねます。

  「うじ・きがまえ・とぶ」 ・・・ しきがまえ・ほこづくりと同じ 「そり」 になります。

  「鼠・ねずみ」 「風・かぜ」 は、単独では、しきがまえ・ほこづくりと同じ 「そり」 です。部首になっても 「そり」 の延長になります。教科書体がありました。

itati.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「曲がり」の範囲

第7回アップ、ありがとうございます。

すみません、質問なのですが…
記事の「曲がり」のある部首の中に、「かわら」がありませんが、「瓦」の四画目は「曲がり」とは別物なのでしょうか…?
他には、「心(こころ)」や「鼬」などの「鼠」も「曲がり」かどうか、気になります。

今回の「曲がり」も前回に続いて「ハネ」がありますが、勢いでハネてしまって跳ねる方向がバラバラになってしまうので、その辺りの癖が無くなるよう、意識して練習を続けたいと思います。

「かわら」 見逃しました。

「かわら」 見逃してしまいました。21個もあるから一つくらい見逸るかもと思っていましたが的中。3回丁寧に見たんですけど。次回同じような作業では5回見直そうと思いました。

「反り」 「曲がり」 については活字ではかなりいい加減です。幸い教科書体がちゃんとした字で書いています。参考になさってください。

「硬筆講座は5回やったら終わり。まっすぐな線で書ければ上等。形は人それぞれで良いや。」 と思っていたのですがこの調子だとまだ続きそうです。私の教えたがりの気持ちを刺激してくださってありがとうございます。
プロフィール

猫姐(ねこねえ)

Author:猫姐(ねこねえ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
猫姐カウンター
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる