猫姐硬筆講座 第8回 アップ

http://yahoo.jp/box/9szupx
猫姐硬筆講座 第8回 アップ

  左払いは、大きく分けて2種類がある。多く使われているパーツなので意識して書き分けたい。

  前回までBの鉛筆で書いていたが質問があったので今回は3Bの鉛筆で書いてみた。筆圧が少なくても書けるので長時間書く場合は楽になると思う。小学校の硬筆用に3B 4B 6B という柔らかい芯の鉛筆がある。先を太く削って練習するのも興味が続くかもしれない。

立ててから払う

   ※ 実・・・左払いは、3本目の線あたりから払う
   春奏泰舂奉秦・・・下に別のパーツがある場合は、2本目の線あたりから払う


  ある方のホームページの硬筆練習の様子を見て手本を見て漫然と書いているのでは一向に上手にならない事に気が付いた。中には手本を見て独習でも上手になる人がいる。視覚優位で空間を認識する力があると思われる。

  また、書道の先生の言に、「教室では上手く書いているのに教室を出て書くと元に戻ってしまう。」 というのがあったが手本を見て同じに書くのは出来るけど手本がないと文字のイメージが消えるからだと思う。

  今までも理論的に書くように努めてきたが 今回更に数字や方向 「半分・西の方向」 のような用語で表すように意識した。2種類の 「左払い」 を書き分けることでメリハリのある字になる。

  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

どちらの払いか悩みます…

第8回アップ、ありがとうございます。
早速例に挙がっている文字を練習して、なんとなく感覚をつかむことができました。

その後、他の字も書いてみたのですが、「南南西に向かう払い」なのか「西に向かう払い」なのか悩むものが多いです。
教科書体を見てもよく分からなかったのですが、何か見分ける目安のようなものはあるでしょうか?

ちなみに私は、手本を見ながら真似て書くことはしていません。
手本を見過ぎると、意識しすぎて逆に混乱して書けなくなるタイプです(苦笑)
手本は、文字を書いた後に、確認のために見るようにしています。

最近、少し大きめの字でも、それなりに整った字が書けるようになってきました。
本当にためになる講座に感謝しております。

頑張ってますね。

>教科書体を見てもよく分からなかったのですが、何か見分ける目安のようなものはあるでしょうか?

私は、書道的には分からないんです。楷書・行書・草書が載っている 「三体字典」なら分かるかなとヤフオクの見本を見たんですけど購入してまでは調べようと思わなかったです。教科書体で見たとおりに書いたら如何でしょうか?なお良い字典はそれなりに高価なので図書館で調べるのをお勧めです。 

手本を見ないで書くというのは、頭の中に理想の形がイメージ出来ているということです。spacepluskk様には合ってる学習法と思います。


昨日、本屋でペン字に関する本を買おうと思ったんですがイメージ通りの手本を書いている本が無くて1時間も粘ってしまいました。結局 富澤敏彦先生と青山浩之先生のを買ってきました。お二人の手本の「いいとこどり」をして自分の審美眼を養うことにしました。

帰ってからヤフオクで100円の本を購入しました。執筆者は野本翠苑先生です。ヤフオクでは、200円までだったらボチボチ買う予定です。今はもう足りているので暫く買わないですけど。

>それなりに整った字
書写の美に目覚めてしまった?進歩が目に見えると楽しいですよね。私もせっせと講座テキストを作ろうと思います。spacepluskk様の熱心さに背中を押されて作っています。ありがとうございます。
プロフィール

猫姐(ねこねえ)

Author:猫姐(ねこねえ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
猫姐カウンター
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる