猫姐硬筆講座 第11回 アップ

http://yahoo.jp/box/9szupx
猫姐硬筆講座 第11回 アップ

  今回は、バランスの良い字についてです。横画がたくさんある漢字の場合、1本だけ長くします。なお 中心線から左のほうを右よりも長くします。

横角長い


  最終画が長い横画の場合、左をどのくらい長くするのか? と spacepluskk様から質問があった。
  改めて小学校1年生の書写の教科書を見た。一見 半々くらいに書いている。 “右下に重心を置く” となると半々でも良いのかもしれない。最終画が長い漢字についてはもう一度良く調べて場合によっては修正するかもしれません。
  ご迷惑をおかけします。

  なおspacepluskk様の成果をコメント欄のリンクから見ることが出来ます。見えない中心線がすっきりと見えるような形の整った字が並んでいます。将に 【青は藍より出でて藍より青し】 教師冥利に尽きます。

五王丘

  左4個は小学校1年生の書写の教科書、毛筆は、「書道三体字典・野ばら社」 です。何れも最終画の左を特に長くしていません。左右の長さがほぼ同じです。硬筆講座11のテキストは、明日午前中に訂正します。申し訳ありませんでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最も難しいポイント

第11回アップ、ありがとうございます。
一通り書き練習をしました。

今回の「横線の左を長くする」という点が、今までで最も難しく感じました。
特に、「②一番下の最終画が長い字も多い。」にある「五」「王」などのバランスがなかなか取れないので、繰り返し練習したいと思います。

↓とりあえず、練習の成果です。

http://blog-imgs-106.fc2.com/s/p/a/spacepluskk/201704292215362ee.png

それなりにバランスが取れたのではないかと思いますが、もう少し左を長くした方が良いでしょうか?

次回の講座(最後でしょうか?)も楽しみにしております。

私のはレタッチしてます

字をみて私よりも整ってると思いました。私は、頭の中にイメージはあるのですが不器用で思い通りに書けないのです。仕方がないのでペイントでレタッチをして見本の漢字を作っています。一つの漢字について3個くらい書いて良いところを集めたり長い短いを調整したり、大きさも選択して伸ばしたり縮めたりけっこうズルをしています。

テキストを書く前にけっこう一生懸命練習していてもなかなか思い通りに書けません。先生という人種は口ばっかりで実技は大したことは無いみたいです。

spacepluskk様の漢字は、漢検の受検という視点から見たらもう完璧です。シンプルで形が整って見やすいです。大いに自信を持ってください。

なお “左を長く” という点については手本はやや左側を強調するように書いていますが見た目が同じか少し左が長く見えるように書けば良いでしょう。全く同じに書くと目の錯覚で左が短く見えるのでそうでなければ良いと思います。

“右下に重点を置く” と考えると半々でも良いのかとちょっと思いました。研究課題にしておきます。

http://www.1101.com/rokudo/
上記は、私が私淑している書写の先生へのインタビュー記事です。よろしかったらご覧ください。

楽しく硬筆講座の講師をさせていただいています。ありがとうございます。
プロフィール

猫姐(ねこねえ)

Author:猫姐(ねこねえ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
猫姐カウンター
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる