老化の話・・・車と補聴器

  車の話
  去年の今頃、2台の車のうち1台を手放した。計算してみたら償却・維持費等1月3万円くらい掛かっている。3万円もタクシー代を使えるんだったら1台で十分だと思った。バス路線は2路線あるしバス停は徒歩2分のところに2カ所あって田舎にしては便利な所でもある。

  ところが実際に1台になったら私が車で出かけるたびに連れが言うようになった。
「車を使うから用事が終わったらすぐに帰ってきて。何時に帰れる?」
  早く言えば 『車がないとどこかへ出かける自由がない。依存する対象が目前にいないと不安』 という心情を口にしている。

  私は、10ヶ月も我慢の挙句に盛大にキレた。
  「女は、用事が無くても買うものが無くてもウインドウショッピングをする時間が必要。途中で知り合いに会えばスタバで30分や1時間話し込むものだよ。行ったもんと出たもん勝ち。何時に帰るかなんてわかりゃ~しない。」

  結局、動きさえすれば何でもいい、ということで中古の軽自動車を買うことにした。娘婿は、車の整備士をしていたことがある。予算を伝えて探してもらったら半額で2万キロ位の車を見つけてくれた。安いだけあって年式が古いけど田舎道しか乗らない。セールスの人がすごく綺麗にして納車してくれた。そりゃ~そうでしょう。手付金は要らないというのに払ったし残金は翌日振り込んだんだから。最上のお客さんだと思う。普通車に比べるとサスペンションや発条が弱いんで少々揺れるのとエンジンが近いので音が五月蠅いけど気になるほどではない。夫婦の平和が少し戻って来た。

  補聴器の話
  耳が遠くなるのと扱いにくさは比例している。
  眼鏡と違って補聴器を使いこなすのは容易なことではない。補聴器のお店に調整にしばしば行く。店員さんの気分の為にも一番高価なのを購入してよかったと思う。夫は、数種類の値段を提示された際に使えさえすれば一番安いので良いようなことをちらりと言い始めた。

  遮って 
  「パソコンの場合は見かけは同じに見えてもCPU性能でピンからキリまで・・・。だから高くて良いのを買わないと・・・」
  夫にしてみれば、理屈も何も理解できなかったと思うけれどもいつの間にか一番高価な補聴器を買わされたという感じかな。補聴器は、眼鏡と違ってアフター調整がかなり必要なのでお客もお店と丁寧に上手に付き合う必要がある。

  補聴器については、姑で散々勉強させられた。何回補聴器屋に連れて行ったことか。
  補聴器屋は、「90歳を過ぎると調整しても聴覚神経自体が弱ってくるので満足感を得ることは難しい。」 という。くれぐれも補聴器屋さんと険悪にならないように付き合いたい。101歳の今でも補聴器をつけているけどどの程度機能しているのか本人も説明が難しくなっている。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

猫姐(ねこねえ)

Author:猫姐(ねこねえ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
猫姐カウンター
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる