忍城 「船着場跡」 の石碑を見に行った

  400年前から使われたと記録にある船着場跡に行ってきた。400年前というと徳川家康が関東に入封し関東流あるいは伊奈流とも呼ばれた水利事業が進められた時期である。なお 行田観光協会の説明がこちら にある。
hunatukiba2.jpg

  その後、享保時代に旧忍川が開削されて 忍城下・忍川・旧忍川・見沼代用水・芝川・隅田川から神田や日本橋の船着場への舟運を開いたという。

  「行田町 船着場跡」 の石碑。 「こぬまはし」 の傍らにある。
hunatukiba1.jpg

  石碑のすぐ下に船着場跡がある。この写真は対岸を写したもの。少し下流にもあってここに3箇所に船着場がある。
hunatukiba.jpg

  少し離れた下流右手にある船着場。20メートルくらい離れてるかな。
hunatukiba5.jpg


  石碑の傍らに小さな公園がある。公園内に立派な 楠の大木があった。
hunatukiba3.jpg

hunatukiba4.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

猫姐(ねこねえ)

Author:猫姐(ねこねえ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
猫姐カウンター
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる