盛大に 「た~ら・れ~ば」

  失意の中にいるけど気力を振り絞って・・・そんなに振り絞ってもいないけど。
  気を取り直して猫姐模試に取り組んでいる。猫姐模試は易しいから落ち込んでいるときの慣らし運転に良いかなと思って取り組んだ。私が間違えた問題が多数出てきた。

 第1回 (一)25 繰り返し指を僂めて確かめる。・・・・・「ま」 って書いちゃった。「まめて」 になっちゃうで。これは我ながら酷い。

 第2回 (四)4 おどろいて目をみはるさま。・・・・・「瞠着」って書いちゃった。正解は 「瞠若」


  この調子で10回まででもやっていれば合格していたね。この前H君が盛んに 「たられば」 をやっていた。未練がましいことを言ってると思っていたけど今はこれが大切と同じ立ち位置になって良く分かる。

  「臥薪嘗胆」 私の気持ちにピッタシ、書いていたら自然に浮かんできた。今日は午後映画を見に行く。今月は 緩急使い分けて過ごすつもり。

  受検直前の締めは 「猫姐模試」 ですよ。

さいたま市の地形 その2

  白幡沼(しらはたぬま)の地名が赤い十字マークの下に見える。赤い十字マークが昨日の漢検会場 「あけぼのビル」。左側に埼玉県庁、右側にJR浦和駅がある。

  薄いオレンジ色の部分が大宮台地。大宮台地からの湧水や雨水が白幡沼に溜まるということである。白幡沼の水は暗渠を通ってJR武蔵野線下の水門から地表に出てきて笹目川になって戸田市で荒川に合流する。

  居住地に向かない土地は一目瞭然であるが現在は、どこにもびっしりと住宅が立ち並んでいる。

180205_県庁付近1
国土地理院の地図より


ウィキペディアより  
  白幡沼は、いたま市南区(旧:浦和市)白幡1丁目付近、大宮台地の縁にあたる場所に位置している。かつての旧入間川流路の名残りのひとつとなっており、流路は上谷沼手前を屈曲しながら芝川の網代橋付近へ流れていた。 近年までは笹目川の源流であった。現在でも沼の余水や大宮台地から流れてきた雨水を笹目川に排水する暗渠水路があり、上部は白幡緑道(白幡遊歩道)となっている。また、沼に流入する排水路として昭和初期の浦和駅周辺の耕地整理に伴って完成した岸町西大排水路があり、現在は暗渠化されて岸町緑道となっている。

29-3 不合格です

  自己採点結果は、合格点からかなり遠い。
  

さいたま市の地形

  電車から降りて駅を出たら交番に突き当たった。警察官がいたので 「ここを行けば県庁に突き当たりますか?」 と訊いたら 「そうです。」 と教えてくれた。どんどん歩いて行った。

  埼玉会館の前で県庁方面を撮影。右に見える薄茶色の建物が埼玉会館。突き当りの耐震構造が見える建物が埼玉県庁。道路は下り坂になっている。

180204_1下り


  浦和駅前西口から県庁方面に向かって歩いて10分、会場 「あけぼのビル」 に到着。浦和駅は、高いところだったのでどんどん下がって左折して会場についた。

  道路は一番低いところにあって荒川の洪水の際はずいぶん水が出たと思われる。帰宅後調べたら 県庁は大宮台地の南端に当たる高い土地の上に位置していた。

  終了後、埼玉県庁の正門前に行ってみた。入口は将に一番高いところにあった。

180204_2埼玉県庁

180204_3地名


  県庁の入口の地名は 「高砂」 土地の形状でこの地名が付いたんでしょうね。

  漢字の結果は後ほど。

煮物が焦げた!

  「52人 4.6%・・・へ~」 って見ていたら鍋の煮物が焦げた。換気扇を回しているので寒い。

180201_結果
プロフィール

猫姐(ねこねえ)

Author:猫姐(ねこねえ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
猫姐カウンター
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる